エアコンクリーニング

エアコンクリーニングが原因でエアコンが壊れたら【修理や返金はしてくれるの?】

「エアコンクリーニングを頼んでみたいけど、壊れたって口コミを見かけた…」

「もしもエアコンが壊れたらどうすればいいの?」

このように、エアコンクリーニングへの不安を持っている方もいるのでは?せっかく嫌な臭いがスッキリすると思って頼んだのに、エアコンが壊れてしまっては元も子もありません…。

そこで、今回はエアコンクリーニングが原因でエアコンが壊れときの対処法を解説します。保証は?返金はされるの?壊れたのを見つけたらどうすればいいの?そんな疑問も一気に解決していきましょう!

エアコンクリーニングで故障・破損したらどうする?

エアコンクリーニング 故障

百戦錬磨のプロに任せているから安心!と思える業者によるエアコンクリーニングでも、まれにエアコンが壊れてしまうことがあるんです…。

カジ子
カジ子
エアコンクリーニングのせいでエアコン壊れたかも…。慣れてない感じだったしな~。[

万が一エアコンクリーニングでエアコンが壊れた場合は、以下のような手順で対処しましょう。

  1. どんな風に故障・破損しているのかを確認する
  2. なぜ故障・破損したのかを推測する
  3. エアコンクリーニング業者の保証内容を確認する
  4. エアコンクリーニング業者に故障・破損の連絡をし、保証の要求をする

また、エアコンクリーニングでの故障・破損は主に「エアコンの部品の破損」「エアコンの動作不良」の2通りが考えられます。

エアコンの部品が壊れてしまった場合

エアコンクリーニング 部品

まずは、最も多いトラブル「エアコンの部品の破損」。

よくある破損トラブル:接合部の破損

おくある破損トラブルは、接合部の破損です。エアコンカバーの取り外し時に、細くて薄い接合部が折れてしまうことがあります。また、高い場所での作業なので、手が滑って落としてしまうことで壊れるというケースも…。

口コミ
口コミ
エアコンの風向版が破損してた。そして、なにやら接着剤の跡がある…。

破損トラブルの原因:業者側の不注意がほとんど

破損トラブルは、作業スタッフが急いでいたり慌てていたりするなど、業者側の不注意によって引き起こされることが多いです。

しかし、耐久性が落ちていることも原因としてあげられるため、一概に業者が悪いとは言い切れないのも事実…。

破損トラブルで業者に保証する場合は、作業スタッフの作業の様子もきちんと伝えると良いでしょう

破損トラブルが起きた際のよくある補償内容:修理対応・金銭保証

破損トラブルは、作業スタッフによるものが多いため保証の対象になる場合がほとんど。その場合、「修理対応」か「金銭保証」の2つのケースがあります。

修理対応:破損や亀裂が生じた部分を新しいものと交換

作業当日に交換部品を持っていないことがほとんどなので、交換に数日かかることが多い。また廃盤になってしまったエアコンの型は部品交換による修理が不能となることもある。

金銭保証:エアコンクリーニング代金の全額返金

ただし、エアコン本体の価格を保証してくれるものではない。

修理や返金はしてくれますが、エアコン本体の交換やエアコン本体の価格を保証してくれることはまずありません。壊れてしまった部分のみの修理、返金です。

ただ、金銭保証だった場合は、エアコンクリーニング代金との差額分も負担してくれる場合もあります。自分でメーカー等に修理をお願いした際の領収書はきちんと保管し、エアコンクリーニング業者に問い合わせてみましょう。

エアコンが正常に動かなくなった場合

エアコン 動作

続いて多いのが、エアコンが正常に動かなくなった場合、つまり動作不良です。

よくある動作不良:電源が入らない・動かない

エアコンクリーニング後の動作不良トラブルは、以下のような症状が出ることがあります。

  • 送風口のルーバーが動かない
  • 電源が入らない
  • 電源を入れるとブレーカーが落ちる

動作不良の原因:水が基盤やモーターに入ってショート

動作不良トラブルは、主に高圧洗浄の際に水が基盤やモーターなどに入り込んでショートすることによって引き起こされます。この場合は、業者による作業ミスなので、業者に保証の対応をお願いしましょう。

一方、保証の対象外になりやすい動作不良トラブルもあります。それは、「エアコンの電流値の回復によるショック」です。エアコン内部に溜まっていたホコリやカビが原因の動作不良のため、業者側の不備は一切ないと判断されて保証の対象外になってしまいます。

こんなことにならないよう、1年に1度はエアコンクリーニングをしておきたいですね。

動作不良時のよくある保証内容は?:修理対応・金銭保証

動作不良トラブルは作業によるものだと判断しにくいため、エアコンの新しさや、エアコン内部の汚れの程度が1つの判断基準となります。

つまり、エアコンが新しく、汚れが少なかった場合は、作業に原因があると判断され保証の対象になりやすいんです!

動作不良トラブルにおいても、「修理対応」と「金銭保証」があります。ただ、若干内容が違うのでこちらもチェックしておきましょう。

修理対応:エアコンクリーニング業者かメーカーによる修理対応

すぐに修理できるわけではないので、数日程度対応までに時間が掛かってしまうことがある。

金銭保証:クリーニング代の全額返金もしくは、修理費用の補償

こちらもエアコン本体の金額を保証してくれるものではないので注意。

10年を超える古いエアコンは、ほとんど保証の対象外。問い合わせ時にはエアコンの年式もチェックしておくと良いでしょう。

クリーニングでエアコンが壊れたら行う3ステップ

指さす女性

実際にエアコンクリーニング後、エアコンが壊れてしまったら。以下の3つのステップを踏みましょう。

  1. 頼んだ業者の保証内容を確認する
  2. 本当にエアコンクリーニングによるものか確認する
  3. なるべく早めに業者に問い合わせる

1、頼んだ業者の保証内容を確認する

まずは、頼んだ業者の保証内容をHP等で確認しましょう。問い合わせ時に、どんな症状でどんな原因が考えられて、どんな保証に当てはまりそうなのかということをしっかり伝えることができれば、スムーズに保証を受けることができます。

業者の大小にかかわらずほとんどの業者が賠償責任保険に加入しており、部品1つの破損から対応してくれますよ。

ただ、業者によっては次回以降の保険料支払額が上がるなどのペナルティを避けるため、保証をしたがらない業者もあるので要注意です。

2、本当にエアコンクリーニングによるものか確認する

エアコンクリーニングを行った直後にエアコンが壊れたら、その故障が業者によるものだと思ってしまいがち…。しかしたまたまそのタイミングだっただけでエアコンクリーニングとは関係ないトラブルもあったりします。

例えば、リモコンの電池不足やエアコン本体がコンセントに繋がれていない場合、またブレーカーが落ちたことによって、作動しないケースもあります。また、室外機が動かない場合は、室外機クリーニングをしていなければ関係のないトラブルです。

まずは、焦らずきちんと電源に繋がっているのかなど、本当にエアコンクリーニングによる故障なのかを確認しましょう!

3、エアコンクリーニングをしてから3日以内に業者に問い合わせる

エアコンクリーニングから時間が経ってしまうと、故障・破損の原因がエアコンクリーニングによるものかどうか判断しにくくなってしまいます。

エアコンクリーニングでは、「3日以内」をクリーニングによる故障・破損の判断基準としているところが多いので、なるべく早く業者へ問い合わせを行いましょう。

まとめ

エアコンクリーニング後に、故障・破損が発覚したら焦りますよね。でも、こういった時こそ落ち着きが大切。しっかりと手順を踏んで、業者に保証を依頼すれば業者はきちんと対応してくれます。

繰り返しにはなりますが、まずは現状を把握(症状や原因の確認)をし、次に業者の保証内容の確認、その後問い合わせを行いましょう。

そもそもトラブルに合わないために、安心できる業者を見極めて依頼することも肝心ですよ!

エアコン
【徹底分析】エアコンクリーニング業者おすすめ8選!評判の良い業者は?エアコンクリーニングおすすめ8選をカジナビ編集部が徹底的に分析しました!各エアコンクリーニング業者の料金から選び方まで分かりやすく解説をしています。「どこまでキレイになるのか?実際に利用した人のリアルな感想は?」エアコンクリーニング業者選びの参考にして下さい。...

口コミを投稿する

カジナビは皆さまからのリアルな口コミを元に業者の評価を行っています。 (◯◯業者名)への率直な意見・感想をご入力いただけますと幸いです。
年齢と性別を入力してください*
年代
性別女性男性
利用したサービスを選んでください* ※複数選択可
口コミに関するカテゴリをお選びください* ※最大3つ
評価を教えてください*
総合満足度:
価格:
品質;
対応:
口コミタイトル*

口コミ本文*
参考になる口コミを書くために下記4点を意識して書きましょう!

① 購入したきっかけ
② 良い点 、悪い点
③ 効果(変化)について
④ オススメしたい、したくない